山春建設 建築士 山田のブログ

2020.06.21

震度いくつまで耐えられる家? 「減震」で倒壊しない家造りとは。

震度7クラスの大地震でも倒壊しない家造りを考える

沼津市の工務店、山春建設代表の山田高士です。



最近、ニュージーランド沖でも地震が発生し、その他にも地震速報が

多くなってきている気がして、静岡県に住んでいると他人ごとではない

と考えてしまいます。


南海トラフを震源とする地震が叫ばれるようになって50年。

なお沈黙を保ったままの太平洋プレートはどうなっているのでしょうか。

まあまあ話が暗くなりそうなので良い話をしましょう。


よく、初めて私と出合った方が、私の職業を知ると

「家って震度いくつまで耐えられるんですか?」
「震度7ですか?」


とお聞きになることがあります。

耐震性は建築基準法で決まっていますが、それによると

「数百年に一度起こりうる地震に対して倒壊しないこと」

とされています。

この数百年に一度の地震、というのが震度7クラスのことを指しています。

1995年の兵庫県南部地震、2011年の東北地方太平洋沖地震などがそのくらいです。


この地震が来て、少なくとも一回目の揺れ(本震)で倒壊しないことが耐震基準の目的です。

ちなみにこの基準は、静岡県ではさらに厳しく、その1.25倍の地震でも耐えられるように、

と決まっています。


こんな基準を守って家は建てられていますが、ある時私は考えました。

「地震に耐える強さは良いとして、実際住んでいる人は地震を受けるはず。
家具や人の転倒までは避けられない。」

そんな思いから今回「摩擦減震パッキン」の採用を決定しました。

コンクリートの「基礎部分」と「木造の家の構造体」の間に地震を吸収する

装置を入れて、地震が家に伝わりにくくする方法です。


先日完成した家(36坪、4人家族)にも採用しました。

その製品動画をご覧ください。

www.youtube.com/watch


このように、地震波を少なくした上に、本来の震度7対応の家を造っているので

より安全に安心して住むことができます。

また、性能第一だからといって家のデザインや形に制限はありません。

自由設計の強みを生かしつつ、高い耐震性能も兼ね備える家造りを追求していきます。

 
当社と私に興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.