山春建設 建築士 山田のブログ

省エネ/断熱

2020.07.11

「耐震」「断熱」性能が高い家を造ると窓が小さくなりがちな理由と対処方法

窓が大きく明るい家を造る沼津市の工務店、山春建設の山田です。



近年、耐震性や断熱省エネ性能の基準がより高度化、細分化されています。

一般の方にとっては全部ご理解される必要はないものですが、家造りをしている私たちにとっては

とても重要なことです。


「基準が高度化」したら現場はどういう対処をするでしょうか。

耐震については
・耐震壁を強くする(部材当たりの強さを高くする)
・耐震壁を多くする

断熱省エネ性能については
・高性能な断熱材を使用する
・断熱材の面積を多くする(壁面積を増やす)

ということが考えられます。

どちらにしても「壁を増やす」ことが共通しています。


そうすると必然的に窓を小さくすることにつながります。

また、外壁を構成する材料のうち「窓」は単位面積当たりの価格が高価なので

窓を小さくすれば工事費が微減するとも言えます。(当社実績から)


こう考えれば壁は強く断熱性は高くなるし、工事費は減少するし・・・と

なぜか話が良い方向に進みそうですが、注意点があります。


「窓には最低確保すべき面積が決まっている」です。

では窓面積は基準最低限にすれば良いのでは?

何か、ああ言えばこう言う話になっていますが、実は窓面積の計算方法で考えると

窓の場所によっては、とても小さい窓でOKになってしまうことがあります。


これでは合理的に見えても、家の明るさや満足度はどんどん下がってしまします。

一生その家に住むのですから。


対策は簡単で、断熱性能の高い窓にすることで広いガラス面積を採りつつ、熱の取得放散を抑えることができます。


性能の高い窓というと価格を心配される方も当然いらっしゃると思いますが、例えば標準仕様で採用している

会社はそのサッシの性能・価格を前提に、家全体の断熱性能など環境計画や必要な壁の耐震計画を

設計しているのでコストパフォーマンスは良く、価格と価値に納得のいく提案をしてくれると思います。


宣伝になりますが、当社ももちろん実施しています。



断熱・耐震・高性能窓のコスパが良い家の施工事例とお客様の声は下記アドレスをクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/ 

2020.06.30

沼津、三島で新築ご検討の方。「吹付け断熱」3つのメリット、1つのデメリットとは。

高い断熱性能で快適・省エネな家を提供する沼津市の工務店
山春建設代表の山田です。


「ウチは高い断熱性で快適ですよ~」と謳う住宅の会社はたくさんありますが、

お客様から見ると

「そもそも基準を知らないから、何がすごいのかわからない。」

と言われたことがあります。

ほとんどの方はそうでしょう。

説明する私も、いや、国の基準だって「計算上は・・」「機械で計測すると・・」

というレベルなのですから。

ただし、住んだあと、エアコンの稼働率や電気代を見れば確かにわかってきます。


こんな断熱ですが、今回は「吹付け断熱」のお話です。

吹付け断熱工法は当社でも標準採用している断熱方法の一つで、

壁の中に膨らむ断熱材を空気で吹き付けて、空間を断熱材で空間をすっぽり埋め尽くしてしまう

やり方です。 


  

吹付け断熱作業中



説明していると長くなるので、私が感じているメリット・デメリットを簡潔に書きます。



メリット:

・隙間なく断熱ができ、壁内結露が起きにくい

・施工品質が安定している
(通常グラスウールの断熱は大工さんが行うが、吹付け断熱は専門会社の作業員が
専用の作業車両で行うので、技能にバラつきが少なく、高い品質を確保できる)

・飛散物質が出ないので工事が快適に行える


デメリット:

・吹付け断熱工事後のコンセントや照明器具の増設が基本的にはできない


このように良いことだらけですが、デメリットの電気配線変更ができないため、

吹付け断熱作業前に、スイッチ・コンセント・照明器具の位置をお客様立会いの下、

全て確認いたします。



そして「断熱性能」ですが、難しい話は別として、当社が採用している吹付け断熱工法では

「国が推進している最新の基準を十分クリアするレベル」ですので、別の回に書く予定の、

「ゼロエネルギー住宅」(ZEH)の性能を満たしています。




吹付断熱をした壁


「最新の性能基準」は前提とし、それ以外の

・こだわりの間取り
・自然素材
・明るい家
・柔軟に対応できる家造り

を強みに、住みやすい家造りをしています。

「住みやすい家造りをお客様の感想」にご興味を持たれた方は、下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.06.14

沼津、三島、長泉町、裾野市で新築をお考えの方へ、分かりやすい説明を心がけている社長の断熱の話

建築技術者の私たちにとっては、業界用語を分かりやすく説明することは、専門的な説明より難しいかもしれません。

家造りの情報はたくさん出回っていますが、最近の家造りは高度化し、建築会社の

専門的な説明に辟易される方も多いのではないかと思います。



例えば家づくり計画の中で、「断熱」という用語はかなりの方が聞いたことがあると思います。

しかし断熱だけで省エネの快適な家はできません。

なるべく簡潔に書きますので少々お付き合いください。

断熱は熱の伝わりを遅くするものですが、もう一つ「遮熱」という概念があります。

「断熱」の目的が「熱の伝達を遅くする」ことであるのに対し、「遮熱」とは

「熱の放射を遮断する」ものです。

太陽に手をかざして暖かく感じるのは太陽の「赤外線」を受けて手が温まっているからです。

これは建築でも同じで、この赤外線を受けた材料は熱を持ってしまいます。

そして断熱材はこの赤外線を通過してしまいます。

そこで対策するのが断熱材と一緒に「遮熱材」という材料を使い、

赤外線を反射する工夫をすることです。

簡単に書いたつもりがやはり難しくなりがちです。

例えて言うと

砂漠に住んでいる人は暑いから裸かというと、意外にも長袖に近い服をまとっていますね。

日光を直接肌に当てず、日陰をつくって皮膚の温度が上がるのを緩和しているからなのです。 


このように難しい説明を身の回りの出来事やモノに例えて説明するように心がけています。

当社で家造りをさせていただいたお客様にお話を伺ってみると、

「説明の分かりやすさ」

「山田の誠実さ、技術の専門性」

を挙げていただくことが多いのですが、私は

「お客様に専門的なことを説明しても分からないだろう」

ではなく、専門的なことも説明します。そのために言い方の工夫をたくさんしています。

そんな当社で家造りをされたお客様は、打ち合わせで覚えた建築の知識と出来上がった家が見事に

整合しているのを感じ取れるので、満足度と達成感がより一層感じられるのかもしれません。



もっと当社を知りたい方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.03.24

高性能窓で快適な暮らし

こんにちは!

昨日の沼津は太陽が顔を出したり、強い雨が降ったり、

なんだか忙しい天気でした

日中いい天気だったのに、夜突然雨や強い風、なんて日が時々ありますよね。

窓がガタガタ鳴ったり、風の音がビュービューして気になったり、、

大人だけででは気にならなくても、お子様が生まれてからは

お子様が怖がることで音を再認識されたり、、

そんな夜を過ごされている方もいらっしゃるのではないでしょうか

前回の投稿で登場した窓を今回は少し詳しくご紹介しようと思います

先に当社の家造りの基本的な仕様を簡単にご紹介しますと、窓は、樹脂製や樹脂+木の断熱性がとても高い窓です。

ガラスも複層以上のガラスで、熱が伝わりにくい構造です。

また、壁の断熱材は発砲断熱材や壁の外側にある断熱材(外断熱構造)で隙間ができず、密閉する工法です。

どうして窓と断熱材のお話を簡単にしたかというと、

これらの構造は外からの音を遮り、吸収する性能があるので、家の中はとても静かなのです。

昨年の台風でも、次の日に点検にお伺いしたお客様から

『とても静かでした』と嬉しいお言葉をいただきました

雨風や雷の音もしっかり防いでくれたようです。

高性能窓は遮音性も高いのです

外が嵐でも、ぐっすり眠れる、安心安全な家造りを新築だけでなく、リフォームでも実現できます

是非ご相談ください

2020.02.05

新築進んでます!

こんにちは!

早いもので2月になりましたね!

さて、今回は今建設中の新築のお家での作業の一コマです

断熱材を施工しました。

機械で薬剤を吹き付けるとたちまち数十倍に膨らむ発砲断熱材です。

その断熱性能は凄まじく、現在の建築基準で定められている断熱性を簡単にクリアしてしまうほどです。

↑施行前と

↑施行後の画像を見比べると、

壁の中に、ほぼ一杯に充填されていることがわかります。

当社の家造りの『夏は涼しく、冬は暖かく、一応年省エネに』を

実現する標準の施工方法です。

新築のお宅も着々と完成に向かって工事が進んでいます

2018.12.26

現場から☺

こんにちは!

クリスマスの終わりと同時に、世間はお正月モードに突入ですね!

もう6日寝るとお正月~♪です、早いですね!

先週の新築のお宅です!

建方は上階に進み、ぬけるような青空のもと、屋根が組みあがっていきます。

建方が始まると、全体が出来上がっていくのがわかりますね!

幸い、ひどい雨もなくスムーズに工事が進むことに感謝です!

毎度のことになりますが、引き続き、安全第一で工事は進みます!

2018.10.19

切断してみると、、

こんにちは!

今日は小雨も降って、寒さが増しましたね。

突然ですが、、

こちら何かわかりますか?☺

これは、玄関ドアを切断したものです!

切られたドアなんてなかなか目にすることもないですよね!

ドアの厚さは7㎝、

これ1枚で気温差40度に対応(室内20℃、外気温̠−20℃)します!

北欧スウェーデンのスニッカルペールというメーカーのものです。

快適な室温にするには欠かせない機能性の高いドアです♪

2016.10.29

沼津で暖房費が年間に○○円もお得な家を建てたい方へ

「2020年を見据えた住宅の高断熱技術開発委員会(HEAT20)」の技術資料より
断熱性能の高い家と従来の家で、年間の暖房費の差額の研究結果が出ていました。

ここでいう「断熱性能の高い家」は熱損失係数1.84と、当社の標準仕様の家とほぼ同等の断熱性能です。
もっとも熱損失係数は旧基準の言い方で、今は外皮平均熱貫流率と言います。


ちなみにこの計算条件の「断熱性能の高い家」の断熱材の厚さは、グラスウールの充填断熱で
壁が155mm、天井で285mmもあり、多くの工務店が行っている壁の厚さの中には通常入りきらない厚さです。
(仕様規定)
当社は外張り断熱構造と断熱性能の計算で、同じ性能でも断熱層を薄くしたり、
設計の自由度を高める
ことができます。

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.