• ホーム
  • 山春建設 建築士 山田のブログ

山春建設 建築士 山田のブログ

2020.07.09

できるだけ安価に、手軽にオリジナル洗面台を造りたい方へ。今注目の新材料を使いましょう。

オリジナリティの高いオンリーワンの家を造る沼津市の工務店、山春建設の山田です。


オリジナリティ、オンリーワン、またはこだわりの~といっても、誰も見たことのないような

壮大な家ではありません。

ちょっとの、プチこだわりで幸福を感じれば、それがこの世で一つのオリジナルな家なのです。


最近はいろいろな材料が潤沢にあり、例えば床材でも各メーカーライバル商品にそっくりな商品を造ります。

また、子育て世代が4~5人家族とすると、必要な部屋数から、間取りも平準化してきがちです。


そんな流れの中で、手軽に造れるワンポイントを依頼されることがあります。

依頼されるというか、お打ち合わせの中で、お客様とのちょっとした会話の記憶、表情、

また工事の流れ、家の構造体が建ち、形が見えてきた段階での要望の具体化、などから

「ちょっとオリジナルなモノ・オリジナリティの高いモノが欲しい」

となることがあります。


でも屋根や外壁の変更は大規模な工事になるし、キッチンもランクを上げることになると建築費が・・

そんなとき比較的やりやすいのが「洗面化粧台」です。

メーカー製の洗面化粧台をやめて、タイルなどの水に強い材料で造ることができます。

メーカー製の洗面化粧台より機能性は落ちることが多いですが、好きな形、好きな材料、好きな色で

満足のいく洗面台の施工事例はたくさんあります。


そして以外にも色使いなどはお客様が具体的イメージをお持ちのことが多いのです。


建築雑誌の施工事例やインターネットなどでよく調べていらっしゃいますね。










そして今注目の材料が「モールテックス」。

ベルギー生まれの、簡単に言うとセメントを樹脂で混ぜたものです。

水に強く、いろいろな形に造形でき、着色もできます。


水色に着色したモールテックスで造った洗面台部分。



今回の施工事例では水栓(蛇口)を壁に取り付け、水がたまりにくく衛生的です。

モールテックスは洗面台を初め、キッチンカウンターなどでも施工事例を重ねています。



予算を抑えつつ自分だけのオリジナルの家は決して難しくはありません。

ワンポイントにこだわれば実現しやすいのです。

一緒にオリジナルを造っていきましょう!



オリジナリティあふれる施工事例とお客様の声にご興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.07.08

優しい階段。2歳未満の子供でも安全、高齢者配慮等級認定の上り下りしやすい階段の形

高齢者でも幼児でも安全に上り下りしやすい階段が標準の家造りをする

沼津市の工務店、山春建設の山田です。


当社に家造りのご相談をいただくご家族は幼少のお子様がいる子育て世代が多いですが、

打合せをしていても、こちらからお話を振らないと半数以上の方が無意識に通り過ぎていく場所

があります。

家の中で最も使用頻度が多い部屋、階段です。


階段の利便性・安全性は、体力が衰えたり事故が起きてみなければよくわかりません。

もし転倒事故が起きても階段の責任にすることは難しいでしょう。

設計の時、「ウチはこういう階段です。法律に沿っています。」と住宅の会社から言われなければ

異を唱えるお客様は少ないと思います。


今日のお話「上がり下りしやすい階段」とは?

前述の通り、これならば転ばない、ということはありません。

「上り下りしやすい階段」には3つの要素があります。

・蹴上げ(1段あたりの高さ) 

・踏面(1段の踏む場所の幅)

・踊場(階段が折れるところの形)


今日はこのうち、踊場(おどりば)の形に触れたいと思います。

よくある一般的な形は、平面的に30度の角度で折れながら上っていく階段です。



一般的な階段で、狭い範囲で高さを稼ぐことができるため、採用例が多いです。



こちらは私が一貫して採用している「上り下りしやすい階段」の形です。


山春建設の標準階段の例


踊り場は90度で、ここで転倒しても下階近くまで頃へ落ちることは少ないです。

これに手すりが付いた形で、当社はほぼすべての家が上り下りしやすくなっています。

設計時、お客様から特にご要望がなければこの形になり、

「安全!」
「楽だ!」
「広い!」

と喜ばれます。

ちなみに30°周りの階段に比べて面積は広く必要ですが、階段の下の空間を活用するご提案を

していますので、メリットの方が多く感じることと思います。


この階段の仕様は「高齢者配慮等級」という認定に適合しており、

新築後「すまい給付金」の対象になることがあります。



何気ないところもプロとして最高な品質と技術を提供する、私の家造りがよく表れている部分かもしれません。






この階段、幼児でも高齢者でも上りやすいです。



階段にまでよく気を使った家の施工事例やお客様の声がもうちょっと見たい方は下記アドレスまで!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.07.07

静岡県東部で新築・リフォームをご検討の方へ。現実的なモデルハウスや内覧会見学をお勧めする理由

新築やリフォームが完成した後「・・・こういうイメージではないはずだった。」

と思わない家造りをする沼津市の工務店、山春建設の山田です。


いきなり当社の紹介で申し訳ないですが、沼津市、静岡県東部地域で新築やリフォームをお考えの方

には、きっと参考になると思いますので、最後
まで読んでください。

最後にあるリンクから別ページにも飛んでください。(ここからでも行けます!)
  


当社には「体感ハウス」と呼んでいる、いわゆるモデルハウスがあります。

さきにお伝えしますが、このハウスの建築費はお客様への工事費の経費として一切計上していません。

会社の経費で建て、その経費を捻出するためお客様への工事金額に上乗せするやり方もあると聞きましたが、

当社のハウスは私個人の所有物であり、そんなやり方はしません。本当に。


そして会社事務所の一部をリフォームして「ショールーム」もあります。

この二つの展示場所をご見学いただくことで、家造りに必要なほとんどの情報を得ることができるよう

考えて造ってあります。



なぜ私が「体感ハウス」「ショールーム」を整備しようかと思ったかというと、

・現実的な家のイメージを持っていただく
・リアルサイズのイメージを持っていただく
・使用可能な材料の肌触り、質感を理解していただく

を強く思ったからです。



大きくて豪華な住宅展示施設はすごい所です。

しかし、提案がイメージとかなり違う・・
(そう感じた人の個人的感想)

ということもなきにしもあらず、です。

例えば完成したお家の内覧会や見学会なら、そこのお施主様の家なので、

より現実的に見学することができます。

家族構成が似ていれば、より興味を持って見学できます。

しかし、展示のための展示場は少し豪華に造られていることが多いです。

そのイメージ、スケール感が固着しやすいこともあり、「なんかイメージと違う」

が起きることがあるのです。



そのため私は「実際あなたにはこのような家が建つでしょう」を

初めから伝えたい、しかも、より高品質な家を提案したい、

その方が可能な金額で。 と思います。



ですので、新築やリフォームをご検討の方にも、完成した家の内覧会や、当社のような

リアルサイズの家の見学をぜひお勧めします。



山春建設が造る「標準仕様の家」


実際に当社の「体感ハウス」「ショールーム」をご見学いただいて新築やリフォームに至ったお客様からは

「とても分かりやすかった」
「こんな感じがいい!と思った通りの家ができてとても満足」
「体感ハウスを見学して、必要な部屋や面積が理解できた」
「体感ハウス・ショールームで思い描いていた家のイメージの整理ができた」

など、嬉しいお声をいただいています。



「体感ハウス」「ショールーム」とも当社標準仕様の無垢材の床や漆喰の壁でできていますので、

新築完成時ばかりではなく、3年後、5年後の色や質感の変化を確認することもできます。



当社の「体感ハウス」「ショールーム」をご見学いただいて、新築をされたお客様のお声に

ご興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.07.06

沼津の工務店山春建設でおすすめの吹き抜け。空間を広く感じる吹抜けのメリットデメリット。

空間を広く感じる工夫をする沼津市の工務店、山春建設の山田です。

広く感じる家が建てたい
できるだけ安く建てたい
思い通りの家を建てたい
生活しやすい家を建てたい
安心して住める家を建てたい 


いろいろな思いが交錯する家造りですが、

お求めになった建築予定地の面積・形状やご用意できる金額、法的な決まりなど諸条件

により、完全完璧にご希望通りの家造りというものはあまり実現でいないことが多いです。

しかしその中でも最大限に努力して実現することがプロとしての実力であり夢でもあります。


その中でも近年多いご相談は

明るいリビング・広いリビング、です。

土地面積やご家族構成から必要な部屋数などを考慮しつつ、広くて明るいリビングでは、

「吹抜け」をお勧めすることが多いです。


最近の施工事例では日当たりが良いとは言えない土地への建築に当たり、

「吹抜け」によっていくつもの課題を解決しました。

吹抜けのメリットは何と言っても

・天井が高く開放感がある
・高い位置の窓から採光ができる
・効率的な換気経路を確保できる

という居住性の良し悪しに直接関係のあることが挙げられます。


デメリットとしては(よく聞かれる不安なところ)

・寒そう
 
と言われます。

たしかに暖かい空気は天井近くに、寒い空気は床にたまりますし、何もしなければ

吹抜けにした床は冬は寒いかもしれません。


しかし、対策としてはすでに一般的ですが、今回建築したお家はデメリットの対策もしてあります。

・プロペラファンで空気を撹拌する
・床暖房で1階床を暖める

これにより夏・冬両方にデメリット解決ができます。


先日完成した大きな吹抜けのあるお家のお施主様にお会いすることがありましたが、

お家を見に来た親戚の方が

・明るさ(窓ガラス面積の多さ)
・空間の広さ(そう感じる)

を絶賛していたと聞きました。






↑大きな吹抜けのある施工事例





↑リビングを勾配天井にした施工事例


吹抜けに限らず、どんな場所、ご希望にもメリットデメリットがあるものですが、

メリットは生かし、デメリットは抑えるかメリットに変換する、こんなことを

そのお客様が実現できるよう日々考えを巡らしています。



そんな当社が建てているお家にご興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

2020.07.04

ぴったりサイズの家具・本棚がほしい方へ 空間を無駄にしない家造りできます その3

広くはないリビングダイニングでも、空間を無駄にしない設計で、スッキリ収納を

実現する沼津市の工務店、山春建設の山田高士です。


造り付け家具シリーズ

www.yamaharu-k.com/blog/2020/07/7398/

www.yamaharu-k.com/blog/2020/07/7399/

に続くぴったり家具のお話です。



リフォームをさせて頂いているお客様から、収納のご相談を頂きました。

項目を簡単に整理すると・・


・電子レンジ・トースター・炊飯器・電話・家事、料理関係の本や資料、その他小物を収納したい

・リビングが広くはないので小さめに収納したい

・リビングの一部なので「いかにも収納庫」という雰囲気は隠したい

・できるだけキッチンを隠せる感じにしたい

・地震時に倒れないように


という、「そんな家具あったらいいな~」を満載した内容でした。


こんな時は「しまいたいものリスト」に家電などの大雑把な形と、最も出っ張った場所のサイズを書き込みます。

そして家電製品なら、一番大きいサイズのメーカーを調べて、それを買った場合にも置ける設計にします。


そして今回のご希望を実現した家具がこれ。







各家電などの置き場は、

・使う場所
・頻度
・使う態勢(立って使うのか、テーブルで使うのか)
・使う時間帯

などを考慮して決めました。

そして部屋の色や雰囲気にマッチするようにデザイン、材質も配慮。


下の画像はトースターと炊飯器の収納スペース。

湯気や熱が出るので解放できるようにし、使わないときはしまえるよう、引出し式にしました。






お客様からはとてもお喜びいただきましたが、ぴったり家具には

緻密な計算、大胆なデザイン、低予算を目指す合理性。。

いろいろな要素がまとめ上げられているのです。


こんなことができるのも工務店ならではの小回りの良さと、いろいろな「都合の良いもの」を

考えてきた経験です。


これからもお客様の快適な暮らしを応援できるよう研究を重ねていきたいと思います。


こんな私と当社にご興味を持たれた方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.