山春建設 建築士 山田のブログ

2020.06.20

耐震性に興味のある、新築をご検討の方から耐震のご質問をお受けしましたので。

地震に強く、でも、こだわれる家を提供する山春建設
代表の山田です。



「耐震ってどういうモノですか」 
「耐震と制震の違いは?」

よくあるご質問です。


住宅を造る会社はいろいろありますが、

どこも「ウチは耐震性にこだわっています」的な

フレーズを聞きますね。

もちろん当社も謳っています。


さて耐震性が強いと言えば「地震に強い家」ということに
なりますが、どんな方法があるのでしょうか。

あふれる地震関係の言葉をちょっと整理していきます。


耐震:

「耐震壁」という強い壁を作り、地震力に構造の強さで対抗して倒壊を防ぐ。
建築基準法で決められている木造建築の一般的な方法で、
全国どこの会社もこれが基本。

♯筋交い ♯構造用合板 ♯構造金物



制震:

地震による家の変形にブレーキをかけ変形量を少なくして倒壊を防ぐ。
住宅用、高層ビル用などいろいろな方法がある。
当社では住宅用ダンパーを標準採用
1階面積が20坪程度の家で36~40万円程度のUP

♯制震ダンパー ♯油圧ダンパー ♯振り子装置



免震:

そもそも地震が家に伝わらないように、
揺れを吸収するための構造部分を設ける。
倒壊なども免れる効果はとても高いが、
住宅ではコストパフォーマンスが良くないことが多い。
コンクリートマンションなどで採用例が多い。

♯免震装置 ♯免震支承 ♯免震基礎ゴム



減震:

免震ほどではないが、地震力を吸収する部分を設け、
ある程度に揺れを少なくする。
例えば「震度7の地震が震度4くらいに感じる」。
当社では標準採用しており、家の形などによって上記
制震ダンパーと選択している。
1階面積が20坪程度の家で35万円程度のUP

♯摩擦減震装置 ♯すべり支承 ♯減震パッキン


簡潔に言うとこんな感じになります。

耐震の専門であった私、耐震性を説明すると長くなるので、

各方法は後日のブログで説明していきます。




各方法一長一短がありますが、当社では

「耐震+制震」

「耐震+減震

を組み合わせて、より「地震に強い家」を造ることが多いです。




あああああ耐震 + 減震 の施工事例 裾野市

こんな耐震性を備えた地震に強い家でいながら、

性能一辺倒ではなく、デザイン、自然素材、動線、省エネを

両立したこだわりの家ができます。


もっと知りたい方は下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.