山春建設 建築士 山田のブログ

2020.06.26

子育て世代こそ無垢材の床をお勧め!2つの効果とは?

自然素材を使った高品質で快適な住宅を提供する沼津市の工務店

山春建設代表の山田です。


今日は床で使う材料について。


家の床としてよく目にするのは木目がきれいなフローリング。

合板フローリングが一般的ですが、当社でリビングなどに

お勧めしているのは「無垢フローリング」です。



無垢材とは「合板」でできているフローリングに対して、「全部が木」で

できている床材を言います。


①合板フローリング

  


②無垢フローリング

  


どちらのフローリングも表面は木目に見えますが、断面の画像ではすぐわかります。

合板の方は何層にも板を貼り重ねており、無垢の方は内部まで一枚の木材である事がわかります。


価格は無垢材のほうが40~50%割高ですが、合板フローリングにはないメリットがあります。


メリット1:肌触りが良い

合板フローリングでも表面処理で無垢材に近いものがありますが、天然木のサラッとした
肌触りは季節を問わず心地よい感触を提供してくれます。


メリット2:傷がついても直せる

こちらが本当に私自身が体験していることですが、小さなお子様がいるご家庭では、
こぼしたり、落としたりで、床が傷つくのは必至です。
しかし、子育ても落ち着いた頃、床表面を削り取って仕上げ直すことで、新品同様に
することができます。
また合板フローリングについた傷はいつまで経っても傷でしかありませんが、
無垢フローリングについた傷は、家族の成長を物語る歴史になるとさえ考えられます。


少し前までは無垢フローリングは

「床暖房には使えない 熱で隙間が空いてしまう」

と言われましたが、最近では床暖房対応の無垢フローリングがあり、当社でも使用実績が増えています。




無垢フローリングを使った20帖のリビング

この床の70%くらいの面積に床暖房が入っています。



「子供が小さいから高額な床材を使う必要はない」

ことはなく、床の張替えより少額でリニューアルができ、見た目、肌触りが良い

無垢フローリングをオススメします。

 

当社にご興味を持たれたら、下記をクリック!

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.