山春建設 建築士 山田のブログ

2020.07.10

新築で「これは便利!」と思った適所適量な収納事例

収納が不安な方でもよく対処方法を知っている沼津市の工務店、山春建設の山田です。 
  
 

新築やリフォームのとき、「収納計画」は大きなテーマになりますね。

どこにどんな収納が必要かはお家によって違いますが、新築時にぜひ考えておきたい「収納」、いくつかの事例を見てみましょう。

 

人気のパントリー

食料品や調理器具など、キッチン周りのアイテムをまとめて置けるパントリーは、作っておいて良かった、とおっしゃる方が多く、人気があります。

パントリーには、人が出入りできるウォークインタイプもありますし、奥行きを浅めに作るタイプもあります。

いずれも食品だけではなく、卓上コンロのようにその季節にしか使わないもの、普段は使わないお客様用の食器などを置く場所として使うことができます。

ウォークインタイプの広いパントリーにすると、家事室を兼ねた小部屋としても使えます。忙しい家事のなか、ホッくつろげる空間になりますね。

 

玄関と収納

玄関はもちろんご家族が出入りする場所、また、お客様をお迎えする場所ですが、この玄関に収納スペースを設けるご家庭が増えています。たとえばウォークインできるシューズクローゼットもその一つです。

このスペースは、靴や傘などの収納はもちろん、ベビーカーをしまう場所にもなりますし、ゴルフバッグやスノーボードなどを置いておく場所としても使えます。キャスター付のスーツケースなど、家の中で収納するところがなくて困るものを置いておく場所としても便利です。

ガーデニングをする方にとっては、土がついた手袋やスコップなどを置く場所としても重宝します。

便利なオリジナル製作家具

収納の基本は「適所適量」ですが、そのためにオリジナルの家具を発注するのも魅力があります。

たとえば、1階のリビングから2階へ上がる階段下を収納スペースにするとしましょう。そこにオリジナルの棚を設けるのも良いアイディアです。

便利な収納スペースになるのはもちろんですが、棚の材質・色合いなどを吟味すると、単なる収納スペースではなく、リビングにアクセントを加える空間になります。


また、パントリーに棚を設ける際、上段は奥行きを浅く、下段は深くするなど、オリジナルの棚を設けると物の出し入れや確認がスムースになります。



一昔前のように、収納はとにかく広ければ良いとい考え方を見直し、適材適所の収納によってスッキリした暮らしを実現しましょう。


収納までよく考えられた家にご興味を持たれた方は下記をクリック! 

peraichi.com/landing_pages/view/yamaharu1/

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.