山春建設 建築士 山田のブログ

耐震性

2019.02.05

洋風屋根

こんにちは!

昨日の暖かさが嘘のような寒さですね

新築の屋根工事の様子です。

最近、洋風の家はよく使っていますが、この屋根材

『砂付きアスファルトシングル』といいます。

『砂付き』といいますが、安山岩という石を砕いたもので、粒を着色してできいます。

天然石ですので、経年劣化がとても遅く、環境の変化にも強いです。

メンテナンスは金属屋根やコロニアル屋根のように10~15年ごとに塗り替える必要はなく、

ランニングコストが抑えられます。

また、石の粒だけで買えますので、剥げた部分など、部分的な補修ができます。

軽いので、耐震性を高くすることができます。

洋風のお宅の屋根も種類がたくさんあるので、何から重視するのか、

しっかり話し合って決めていきます

2019.01.17

構造金物

こんにちは!

本日1/17は防災とボランティアの日です。

阪神淡路大震災から24年、

風化させないこと、できる限りの対策をすることが、

家を造るものとしての使命だと心に刻んで、

これからも安心の家造りに努めていきたいです。

 

近頃、『耐震性』や『家の強度』などのキャッチフレーズを聞くことが多いと思います。

当社も国の基準を越える耐震性の家が標準ですが、

『家の強度』を実現するアイテムとして、

各種の構造金物を使います。

構造金物には目的によっていろいろな種類があり、

家の形や求める強度によって、組み合わせて使います。

↑こちらの金物は

『柱の引き抜きの力に対抗する金物』

『筋交い(すじかい)の脱落を防ぐ金物』です。

柱にかかる力は、上からの重さはかりではなく、

家が浮き上がる引っ張りの力もあります。

また、斜め材の筋交いは、繰り返しの地震で外れることがあります。

いろいろな『力』に対応して専用の金物を取り付け、

倒壊しにくい家にしていきます!!

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カテゴリーリスト

カレンダー

«5月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.