山春建設 建築士 山田のブログ

基礎工事

2018.12.13

シロアリ

こんにちは!

今年の漢字が発表されると、いよいよ年の瀬だなー、と感じますね。

さて、今回はまたまたインスタ映えとはほど遠い画像ですが、、

家造りと切っても切れないと言っても過言ではない、

【シロアリ対策】です。

↑画像は【地中防蟻管】です。

皆様、シロアリ対策はどうしてますか?

通常、建方が終わった直後に、構造体に薬剤を散布しますが、

シロアリ保証を継続するなら、完成後も定期的に住んでいる家に入って床下に撒く必要があります。

当社では地中に予め配管して、外から薬剤注入する方法を採っています。

これで、地中からくるゲストには家に近付く前に帰っていただきます

また、シロアリ保証更新時に再注入は、作業員が家に入らず、留守でもできます。

わざわざそのために予定を空けて家にいるのも時間がもったいないですもんね。

済んだ後の生活まで考え、あらかじめとれる対策は万全に

住民には住みやすく、天敵のシロアリにはとても住みにくい家に!

2018.12.07

コンクリート日和

こんにちは!

おととい新築住宅のコンクリート打設を行なったのですが、

暖かく過ごしやすく、コンクリート打設日和で、

本当にいいタイミングでできたと天気に感謝したくなるくらいの急激な気温の変化ですね

今回はその時の様子を。

作業員さん曰く、

「さっさとやらないと、打った先から固まっていく

とのことです。

というのも、そう感じるほどに強度のあるコンクリートを使っているからです

コンクリートはミキサー車で持ってくるので、ミキサー車到着の間隔が空いてしまうと、

先に打ったコンクリートが僅かに固まってしまい、新しいコンクリートと一体化しない恐れがあります。

対策として、細かい工夫ですが、現場近くにミキサー車の待機場所を設けて、

絶妙なタイミングで連続して到着するように配慮しています。

時間との戦いですが、もちろん仕事は丁寧に

寒くなりますが、しばらく晴れ予報なので、天気に恵まれながら作業が進みますように!

2018.12.06

見えなくなるからこそ!

こんにちは!

昨日の暖かさの余韻に浸ることもなく、今日寒さにやっぱり12月だと気付かされました

体調管理大切な季節ですね

今回も新築の現場から。

なかなか映える画像ではありませんが、、

基礎のコンクリートを打設する前にとても大事な作業です!

『配筋検査』という、鉄筋の組み立てが想定通りされているかの検査をしました。

私自身も配筋の作業中から細かくチェックしていますが、

この日は外部の機関から調査員が来て、第三者の目からしっかり検査していきます。

当社の鉄筋の組み方(鉄筋の縦横の間隔)は、

木造住宅の基準より細かい200㎜です。

検査機関にも200㎜と申請していますが、さらに施行誤差(人が行う作業なので、どうしてもズレが出てくる)を

考慮して、180㎜としています。

今回の投稿もですが、基礎は家の工事が進むにつれて見えなくなってしまうところです。

だからこそ特に厳しく、丁寧に。にこだわってやっています。

完成した建物以外にもちゃんとご紹介していきたいという

私のこだわりにもうしばらくお付き合いいただけたら嬉しいです!

2018.11.29

現場から

こんにちは!

本日は新築の現場からです

現場では、コンクリートに、実際に家が建つ場所の線を書いていく

『墨出し』という作業をしています。

年明けの完成を目指して、丁寧に作業を進行中です!

トランシットという機械で、壁の位置や距離、直角を出すのですが、

角度計測、距離計測が極めて正確です!

特に距離はレーザーで計っているので、人が巻き尺で計るより、

気温などの影響を受けにくく、高い施行品質を確保できます

晴天の中、写真を撮り、反射しまくりという大失態の画像ですが、、

距離計測したトランシットです。

上の段の数値をよく見てください。

設計寸法13650㎜に対して実測値は、、、

ぴったり13.65m

ぴったりなのは、当たり前のことなのですが、

ぴったりの数値を見ると、にやけてしまうのは、治りません(笑)

高い品質のためには手間は惜しまない、

当たり前ですが、わたしのモットーです

2018.11.27

ビニール?

こんにちは!

色々なお店がクリスマス一色になりましたね。

一歳目前の次男がいるので、我が家は今年はクリスマスツリーをどうするか検討中です

さて、前々回基礎工事をご紹介した新築のお宅。

今回はちょっと専門的な投稿になってしましますが、、

こちら、地面にビニールが敷いてあります。

なぜ?かというと、、

これは、コンクリート基礎の下になる部分で、コンクリートが地面からの湿気を吸って、

中の鉄筋が腐食することがあるので、その対策です!

ビニールを敷いて一晩で水滴がたくさんついていました。

地面からの湿気がいかに発散されているかわかります。

このビニールフィルムと、当社が標準で使う強度の高いコンクリートで鉄筋は長く護られ、

強度低下が遅く、長持ちする家ができます!

またまた絵的には地味になってしまいましたが、、

重要な工程のご紹介でした

2018.11.24

基礎工事

こんばんは!

前回に引き続き、新築のお宅の工事の様子です♪

完成が近付くにつれて家らしさが出てくるのですが、、

大切な基礎のこともお伝えしたいので、

似たような画像が続いてしまいますが、お許しください

地盤改良工事が済み、基礎工事が始まりました!

地盤改良で形成した杭に気を付けて家の形に掘っていきます。

↑↑掘削後に等間隔で見えているのは、杭の頭です。

↑↑コンクリート基礎の土台になる砕石敷き均しの状況です。

写真中ほどに見える茶色い部分が杭で、

杭の上にコンクリートが直接、接するように異物などを取り除いていきます。

杭の高さ、基礎の深さ、全て計画通りに工事が進んでいます

日々進んでいく工事にわたしもわくわくしています

Menu

イベント情報山春建設 山田のブログ資料請求

カテゴリーリスト

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

会社案内

株式会社 山春建設

声が響ける大きな吹抜けと
オリジナルキッチンのある
打合せ空間
本社・
ショールーム&事務所

沼津市蛇松町30-5

いつでも見学できる北欧風36坪の家
体感ハウス
沼津市蛇松町25-5

家具お預かり倉庫
木材加工場・銘木置き場:
沼津市蛇松町30-2

第2倉庫:
沼津市蛇松町18

本店:
〒410-0845
静岡県沼津市千本港町7

サイト内検索

Copyright (C) 山春建設 All Rights Reserved.